きたごう行政書士事務所よりお知らせ

補助金支援業務とは

世はまさに大補助金時代ということで、たくさんのお問い合わせをいただくことが多くなってきました。

きたごう行政書士事務所はできるだけ皆様の要望に沿った形でのサポートを目指しておりますが、期間や要件、お客様のビジネスモデル等の理由によりお断りするケースもございます。

きたごう行政書士事務所では補助金特設ページを設けて、ご案内もさせていただいておりますが、改めて「補助金支援業務」とはどういったものか。お話させていただければと思います。

同業者の方へ

こちらの業務フローなどはきたごう行政書士事務所の見解によるものが多く、必ずしも皆様のお役に立てるものとは言えないかもしれません。

ご参考までにみていただければ幸いです。

必要性について

先日、事業再構築補助金事務局が公開した1次募集に関する資料によりますと、認定支援機関別応募、採択状況で見ると金融機関や商工会議所等に続き、税理士法人さん、民間コンサルさんなどの応募が多かったことがうかがえます。

例えば、自分で事業計画を立てられる方に関しては、そのまま金融機関などに持ち込み、アドバイス通りに修正し、確認書を貰うなどの申請が可能です。

ただし、補助金申請はルールや要件、事業計画書の書き方が難しかったり、中小企業診断士さんや税理士さんといった士業にサポートを依頼する方も増えております。

それから特に公募要領など、読みにくいうえに解釈が難しい面もあり、いわゆる「霞が関文学」を読み込み、情報を収集する上で、どうしても「プロ」に依頼せざるを得ない状況にあります。

アフターサポートについても、士業として様々なサポートが可能という点もあり、交付決定から精算、事業化までしっかりとサポートする必要もあります。

そういった意味での必要性も含め、「プロ」としての必要性はあるのではないかと思うのです。

補助金支援を行う機関

実際、上記の表を見てわかる通り、各種、様々な団体・士業が支援機関として行っております。上記の表はあくまでも「認定支援機関」に限っておりますので、きたごう行政書士事務所のように認定支援機関になっていない士業も含めるともっと多いのではないのではと思います。

当事務所が認定支援機関へ登録しないのには訳がきちんとありまして、それは後述かあるいは別でお話しようと思います。

支援機関金額
銀行・地銀・信用金庫0円~
(それぞれの金融機関による)
商工会・商工会議所0円
中小企業診断士着手金および成功報酬
税理士・公認会計士成功報酬が多い
行政書士着手金および成功報酬

上記は主な支援機関の一覧です。民間コンサルさんを入れていないのは、実際にサポートするのが「中小企業診断士」さんだったり「税理士」さんだったり「行政書士」だったりするケースも多いためです。

また、上記は私の実際に見聞きした情報に基づいておりますので、必ずしも正確なものではありません。

相場をお話しますと、着手金で10万円~20万円、成功報酬で5%~20%とまちまちです。

コンサル会社大手の某社の報酬に関して、

ものづくり補助金で着手金10万円 成功報酬 8% 採択後支援 90万円
事業再構築補助金で着手金15万円 成功報酬 8%

と、なっており、だいたいこれが相場ですかね。(※個人の感想です)

申請までの業務フロー

※ こちらはきたごう行政書士事務所での業務フローをお話しております。

1,要件確認等のご相談受付

お問い合わせいただきましたら、まずは企業様または個人の方の事業内容のヒアリング、および申請を考えている補助金を伺い、基本要件に合致しているかをお伺いしております。

確認の際に希望と違う補助金のご提案をすることもございます。
また、補助金ではない他の方法をご提案する事もございます。

事前準備として、補助金の情報提供を行い、また、基本シートへの記入をお願いしております。

補助金のルールや必要事項を事前に充分に確認していただくためです。

2,契約締結

補助金に申請できそうだ、また当社発行のお見積もりにご納得をいただけた際に契約書を締結いたします。また、その際に補助金に応じて「重要事項確認書」の読み合わせも行います。

契約書締結後、着手金のお振込みをお願いしております。

3,ヒアリング

実際の事業内容や資金計画・新事業の概要などを伺います。2回程度8時間以内でのヒアリングを行っておりますが、場合によってはともに計画策定のため重ねてお打ち合わせをお願いする事もございます。

group of people sitting indoors
Photo by fauxels on Pexels.com

4,事業計画書作成

実際に応募する補助金の申請書を作成します。

お客様には、必要書類や写真などを提供していただきます。それに関しては3の時に詳しくお話する事になります。

原則3週間のお時間を頂戴しております。

5,納品・検収

当社作成事業計画書をお客様に納品いたします。お客様の要望に沿っているか、間違いはないか、などご確認いただき、当事務所所定の納品書に検収印をいただいております。

6、申請サポート

原則、ものづくり補助金も事業再構築補助金もオンライン申請となっておりますので、その申請サポートを行ってまいります。

オンライン申請が苦手な方には直接伺って一緒に申請作業をすることもありますが、こちらは例外なく、お客様の端末より、お客様の手で申請を行っていただいております。

ここまでの所要期間を2か月程度としております。

きたごう行政書士事務所は納期を絶対守る行政書士事務所ですので、多少の無理はしますが、できるだけ2か月前のお問い合わせをお願い致します。

採択発表後のサポート

採択発表後、速やかにお客様には結果をお伝えします。

お客様でも確認が可能ですので、ご連絡が前後してしまう可能性もございますが、ご理解いただければと存じます。

採択であった場合

採択後の事務作業サポートに関しては交付決定までのサポートを成功報酬内の金額に含んでおりますので、速やかに交付決定(交付申請)手続きサポートに入ります。

申請にはいくつか必要書類があります。そちらのご案内と取りまとめ等、状況に応じたサポートを行います。

その後、機械導入前の「先端設備等導入計画」「経営力向上計画」のご提案を行うこともございます。

そして最終的な精算時のサポートはオプションでご契約をしていただくことになっております。

不採択であった場合

力及ばず、不採択であった場合、速やかに原因究明と本補助金の情報収集を行い、そのうえで、1,同じ補助金に再チャレンジ 2,別の補助金に内容等変更してチャレンジ 3,別の方策を検討する などご提案をさせていただきます。

きたごう行政書士事務所 顧問契約について

補助金採択後の5年間の報告サポートや事業化について。

また、まだ補助金申請は時期尚早だけど他の方策を含めて相談したい

かかる許認可についても聞いておきたい

こういったお悩みに関して、相談料が毎回かかる手間を省くための顧問契約プランもご用意しております。

プラン例金額
3か月情報提供プラン(お電話・メール・ZOOMなどで対応)12,500円(税別)/月
ご相談は期間内何度でも
6か月情報提供プラン(お電話・メール・ZOOMなどで対応)19,800円(税別)/月
ご相談は期間内何度でも
12か月採択後サポート等プラン(お電話・メール・ZOOMなどで対応)、お伺いしての対応も可30,000円(税別)/月
ご相談は期間内何度でも

※ また、初回以外のお客様の補助金等ご相談は上記以外1回30分10,000円とさせていただいております。

※ その他長期、短期での対応も行っております。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

----------------------------------------------------------------------------------------------------

これから補助金業務を行いたいと思っている行政書士の方へ

必要スキルとリソース

こういうと身もふたもないのですが、お客様との「信頼関係」ができていれば多少補助金の知識が薄くても対応可能です。

ですので、非常に業歴の浅い行政書士のかた向け業務ともいえます。

とはいえ、今後補助金業務をフックにお客様とつながりたい!と思っている方は下記のスキルとリソースを確保しましょう。

■ リソース

情報収集を毎日行うこと。公募要領を読み込む時間を作ること。

情報は突然更新されます。中小企業庁ホームページやミラサポ+やできれば日刊工業新聞の定期購読くらいはしておきたいものです。

事業計画書は、申請締め切り前7日以上前に納品しましょう。認定支援確認機関への確認・修正・ギリギリで申請となるとサーバーが混み合い、時間までに応募できない可能性もあるので、大分余裕をもった納品を心がけましょう。

■ スキル

正直、国語力などはあてにならず、欲しいのは「情報を精査できる力」です。

ネットの情報、今はYouTubeで適当なことを言う人も多いので、しっかり公式情報と照らし合わせてそれを確認し、随時お客様に提案できるスキルを身につけましょう。

計画力も重要です。お客様から売上についての希望的観測を伺って、そこから収支計画をどうたててゆくか。そうした計画力を養いましょう。

マーケティング能力。これに関しては難しく、なんとも言えません。勉強するのは当然として、得意分野を早く見つけるか、有能な専門家とのつながりを作っておくことが早いです。

7月11日セミナーを行います。そこで実際の現場のお話をします。

ご興味があれば、新人行政書士の皆様、現場の話、聞いていってください。