補助金の加点要素などまとめ

一昨日は補助金の現在状況をまとめました。

補助金情報のまとめはコチラ

今日は補助金の周辺の制度、加点項目などをまとめてみたいと思います。

☆経営革新計画

■ 実施主体 各都道府県で実施

■ メリット   税制優遇、ものづくり補助金など補助金の加点、補助率アップ

■ 概要    新商品のアイデア、生産性向上など中小企業の取組を、税制、補助金などでサポートする制度

■ その他   3~5年計画で付加価値額、経常利益の向上を目指す

☆経営力向上計画

■ 実施主体 中小企業庁、経済産業局

■ メリット   税制優遇、ものづくり補助金など補助金の加点

■ 概要    認定支援機関の支援を受けて、経営力の向上に取り組む中小企業を税制、融資などの面でサポート

■ その他   A類型、B類型とある

☆先端設備等導入計画

■ 実施主体 中小企業庁、経済産業局

■ メリット   税制優遇、ものづくり補助金など補助金の加点

■ 概要    生産性向上特別措置法に基づき、生産性向上のための先端設備等を導入する企業を税制面などで助成

■ その他   市区町村の認定を得る必要がある

☆地域経済牽引事業計画

■ 実施主体 経済産業省、都道府県

■ メリット   税制優遇、ものづくり補助金など補助金の加点

■ 概要    地域の未来投資に対し、成長性の高い分野に取り組む企業を助成

■ その他   市区町村の認定を得て、国が認定する

上記4つが代表的な制度です。

その他、各都道府県単位で助成が受けられる制度もあるので

様々な施策をお考えの企業は情報をこまめにチェックして、

取り組んでいきたいものです。

きたごう行政書士事務所

長田怜也

小規模事業者持続化補助金のサポートについて

さて、今週か来週あたりから

小規模事業者持続化補助金

の公募が始まります。

■補助率 2/3

■補助上限額 50万円

広報費や販促費などにも使える汎用性の高い補助金となっております。

当事務所でもこちらの補助金のサポートをいたしております。

・着手金 3万円

・成功報酬 満額50万円の場合 7万円

着手金は応相談です。

今年はIT導入補助金でHP制作が出来なくなりました。

こちらの補助金でHp制作を検討されてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください!!

ものづくり補助金など補助金申請をお悩みでしたら。

白梅が綺麗に咲いておりました。

天気は生憎の曇りなんですが、映えますね。

さて、当事務所の補助金申請のサポートですが、

お問い合わせで、補助金を使おうかどうしようか。

また、補助金使えるのかどうなのか。というお問い合わせもよくいただきます。

一旦、話を聞いてからやるかどうか決めるという企業さんもいらっしゃいます。

そんなとき、ワタクシは資料を必ず用意します。

もちろん、公募中であれば、補助金の要綱なども持ってゆくのですが、

其れとは別に、企業さんに最適なプランをご提供できるように、

「提案書」というものを持っていきます。

パワーポイントで4~5ページくらいの簡単なもので、

例えば、設備導入の場合、どんな切り口で補助金申請をしたらよいかを考えてご提案します。

もちろん、詳しいヒアリングをしていないので、あまりツッコんだことは書かないようにはしますが、

企業さんの情報を独自に調べてご提案させていただきます。

ものづくり補助金が最適だと思えば、ものづくり補助金のご提案

IT導入補助金ならIT、また、広報・販促が目的なら小規模事業者持続化補助金といったようにそれぞれ数パターン用意します。

ご納得いただければ、その後の展開へとスムーズに行けるよう、提案書をご用意します。

もちろん、こちらはサービスです。

事前相談に相談料はいただきません。

補助金は投資の伴う事業ですので、慎重になるのは当然です。

そんな中でもしっかりと企業さんに寄り添えるような業務をこれからも心掛けてゆきます。

きたごう行政書士事務所

長田怜也

補助金申請 まずは自社の分析から

内容面で、「ストーリー」とか「革新性」とかいわれてもピンとこない。

そんな時は、

「知的資産経営」の考え方

を取り入れてはいかがでしょうか。

知的資産経営とは、企業の持つ、人的資産やノウハウといった

無形の強みを活かして経営力を向上させようとする考え方です。

わかりやすく言いますと、

のび太君は一見、何をやっても落ちこぼれですが、射撃がプロ並み、かつ誰よりも優しいという「強み」を持っています。

のび太君を知的資産経営するなら次元大介になったほうがいいんじゃないかな?

目に見えない強みなんて言ったりします。

映画の中のジャイアンはその普段は目に見えない「男気」を活かした経営をした結果、映画のジャイアンは奇麗なのです。

で、企業の強みと言われても~と思われる方にお勧めなのは、

「SWOT分析」

「フェーズ分析」です。

「SWOT分析」とは

「S(強み)」「W(弱み)」「O(機会)」「T(脅威)」企業を取り巻く様々な要因をそれぞれ書き出してみて、

それから、クロスSWOTと言って、「W」を「S」と「O」でどうやって克服するか

「T」に対して「S」と「O」でどのように対処するかなど分析してゆきます。

「Strenghts(強み)」がわからないときは「弱み」から書き出して、「脅威」「機会」と書き出せば自然と、出てくるはずです。

それから「フェーズ分析」

これはあまり一般的でないのかなと思います。

「フェーズ分析」とは、最終的にエンドユーザーに商品を届ける工程から遡って「企業理念」を探ってゆく

逆フェーズ分析をやられるケースが多いです。

ワタクシでやってみますね。ものすごく簡略したものを。

価値の提供 補助金申請代行など中小企業支援

     ↓

ノウハウ・工夫 独自のヒアリングシートを使った丁寧なヒアリング

         ↓

人的資産・外部資産 経験のある行政書士、税理士、社会保険労務士などとの連携

            ↓

経営理念 企業に寄り添った「行政書士ならではの」中小企業支援

ところどころ端折りましたが、まぁ、だいたいこんな感じです。

知的資産を知ることは経営に関して大きなアドバンテージになります。

それを活かした事業計画は「価値創造のストーリー」となり、

補助金申請にも十分に役立つのではないでしょうか!

きたごう行政書士事務所

長田怜也

当事務所の補助金申請について

当事務所のメーン業務は「補助金申請」です。

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT補助金など国の補助金から、各自治体独自の補助金まで幅広くサポートさせていただいております。

では、他の補助金申請をサポートをされているコンサルティングさんや事務所さんとどう違うのか?

当事務所では事業者様に代わって申請や精算といった各種手続を承っております。

当事務所では、補助金について「とにかく貰えればOK」とは考えておりません。

未来への投資でもある補助金の制度を適切に、かつ積極的に活用することで、

事業者様の一層の成長、繁栄をお手伝いすることを理念に掲げております。
事業者様ごとの「強み・今後に向けた課題・補助金を活用して実現すべき事業・理想の将来像」といった計画を共に考え

 

補助金の申請から精算までに活かすことで、事業者様発展の頼れるパートナーとして、今後も日々の業務に邁進してまいります。